忍者ブログ
アレルギーと免疫とアトピーについて
Posted by - 2019.07.16,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by アトピー治療マスター - 2008.02.12,Tue

Ⅲ型アレルギーは、抗原(アレルゲン)と抗体が結合した 「 免疫複合体 」 が内臓器について炎症を起こすアレルギーです。代表的な病気に腎炎があります。抗原と抗体が結合してできた免疫複合体が、腎臓にある糸球体という部分に障害を与え、炎症を引き起こすのです。

PR
Posted by アトピー治療マスター - 2008.02.07,Thu

Ⅱ型アレルギーは、抗原抗体反応が自分自身の体の細胞に反応し、自分の体内にある赤血球などの細胞を壊してしまうアレルギーです。代表的な病気は溶血性貧血で、患者さんの血液には赤血球に対する抗体ができてしまっています。

Posted by アトピー治療マスター - 2008.02.04,Mon

Ⅰ型アレルギーの体質の人は、アトピー体質と呼ばれています。Ⅰ型アレルギーの場合ですと、体にアレルゲンが侵入してくると、IgE抗体という抗体が作られます。このIgE抗体は、皮膚や粘膜にある肥満細胞にある受容体と結びつく性質をもっています。このIgE抗体が反応して、さまざまなアレルギー症状を引き起こします。

Posted by アトピー治療マスター - 2008.02.03,Sun
アトピー性皮膚炎を治療するのに一番大切なことは、自分自身のもっている自然治癒力を発揮することなのだと思います。やはりアトピーを根本から治療するためには、生活習慣をひとつひとつ見直していくことが重要なのだと思います。
Posted by アトピー治療マスター - 2008.02.03,Sun

アレルギーと免疫反応は、どちらも体内で抗原と抗体が結合して起こる反応であることに違いはありません。つまり体内に侵入した異物に対して、それを排除しようとする働きです。アトピーはアレルギー性の皮膚疾患です。

Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]